2017/09/23 19:19

前回のあらすじ

アスパナリボルバーの素材を集めるため、調査班はピスティス森へと向かった。
そこでは幸運にも「イエローリーフナッツの尾」を収集することに成功する。
悪名高きDPKシステム亡き今、Lv315赤武器は一部プレイヤーだけのものではない。そう確信するまるまろ研究員。
しかし、製造書に目をやるとそこには「57」という立ち眩みを起こしそうな数字が記されていたのであった!

犯行現場

狩り場は「ノブリアの森」です。

目的のアイテムである「クゲリ シンバニの剣」は当然ですが「クゲリ シンバニ」だけが落とします。露骨に剣を持っている見た目なので、非常にわかりやすい。

…ところが、このシンバニ君。突進攻撃でプレイヤーの背後に回り込むような動きをするので非常に面倒くさい!ヘルムチョッパーやヘキセンドロッパーのような当たり判定が狭いスキルはスカされてイライラしやすいので、バッシュの吹き飛ばしで動きを止めてから撃つなどの工夫が必要です。

裏を返せば、各種スキルの特徴や当たり判定を体に叩き込む良いチャンスです。素材を集め終わってここを去る頃には、ソードマンとしてのプレイヤースキルがぐっと上がっている事が期待できます。

進行ルートですが、キャンプワープを使った一方通行にするのが効率が良いと感じました。

「ノブリア十字路」の北部にスクワイアキャンプとバフ屋を置き、「避難路」から「避難区域」に向かってシンバニを狩りながら進みます。掃討が終わったらキャンプにワープし、再び「避難路」に向かいます。

マップ内の他地点にもシンバニは沸きますが、数が少ないため無視して問題ありません。このルート上で、倒した先からリポップする対象を狩るだけで十分です。

稀に「ノブリア十字路」で赤MOBが沸くことがありますが、その場で倒してしまうとシンバニは沸かないので「避難路」までバッシュで運んでから倒しましょう。

「避難区域」で赤MOBが沸いた時には、北側に寄せてから倒しましょう。南側で倒してしまうと別のMOBが沸きに混じってしまい、効率が落ちます。

このビルド(ソド3ババ1コル3ドぺ1)は多段スキルを多く持っているため、たとえどんなにしょぼいブレスであっても有り/無しの差は大きいです。自前でバフ屋を用意することを強く推奨します。

それでは、レッツ!ヒャッハー!!

一発で沈められることはないものの、無視できないダメージ量と出血デバフが重なるため、2種類のHPポーション(アルケミ生産と道具屋で売っているもの。CTが重ならないことを要確認)が必須です。あまりにデバフ付与が頻繁なため、ディスペラーを有効化するのが躊躇われるほど。

花かごは「はずれレア」です。(マケで1000シルバーで売られていました…)

Lv318からシンバニ一本でしたが、290IDに行くまでもなくレベルはカンストしてしまいました。
(カンスト直後の段階では当然、素材は揃っていません…)

戦果

根を詰めすぎてリアルで体調を崩しかけるなどのトラブルを抱えつつも…

全ての素材を集めきることに成功しました!

本当は海賊らしくカトラスを左手に持たせたかったのですが、ToSには実装されていないようなので見た目の似ているサーベルを持たせてみました。カッコいい!

コルセアガチ勢まであと一歩!

次回予告

海賊のメイン武器が“カナヅチ”ってわけには…いかねえよなあ…