2017/12/26 15:28

もうR9実装されて1週間近くなり、フィールドボスを管理しづらくなったため弊ギルドの管理していた方法をばらしておきます。

この記事を見ている方はご存知かと思いますが、このウェブサイトはギルドの人に登録してもらって自由に記事を書いたりできるように設計されています。
それに加えてもちろんギルド外秘のデータも存在しており、そのひとつがボス管理システムでした(過去形)。

元々フィールドボスは適度に粘着していたのですが、偶然ほぼ同じポイントで出たことをきっかけに出現ポイントのテーブルがあるのでは説が浮上しシステムの設計を行い運用してきました。
結果的にはテーブルがあるわけではなく本当にランダムかもしれません。
メンテ後の乱数によってテーブルが選択されるパターンも可能性ないとは思いますが実際のところは不明です。仮説でしかありません。

さて本題からちょっと逸れました。
実際的な運用についてネタバラシしましょう。

まず弊ギルドはdiscordの導入は必須となっております。
このブログは任意ですが、登録することでボス討伐時に記録を入れることが可能になります。
具体的には下記のようにボスごとに決められたマップをリスト化しており、討伐場所(マップ)と時間を記録します。
記録されたデータはすべて統計データとして閲覧が可能で、出現しないポイントを抑えることができます。

討伐データが記録されると、2時間後にdiscord側へ出現しますよと通知が飛んできます。
正確なポップ時間(秒)を知るためには直接出現アナウンスを確認する必要があるため出現アナウンスが出る時間を通知してくれる。

あとは出現対象マップに行き、出現アナウンスを確認し、討伐。
それを繰り返すことでほぼ正確に出現を確認できた上で、実質管理が可能でした。
ギルドの人数も多いので、2時間後に別の人が倒すこともあるため引き継ぎのようなシステムでした。

こんな感じで全データも見られるようにしてました。

開発自体は数時間でしたが結構長い間便利に利用できて我ながら良かったと思ってます。
R9パッチが当たってこのシステムは役目を終えました。使ってくれたギルメンにみなさまありがとうございました。

ボスを管理している時、ボスもまた管理しているのだ